1. HOME
  2. 津和野百景図とは|「津和野百景図」を読み解く

メインイメージ

津和野百景図とは
「津和野百景図」を読み解く

津和野百景図とは

最後の藩主亀井茲監の業績をまとめた「以曽志乃屋文庫」とともに亀井家に納められた文書の一つ。藩主の側に仕えた栗本里治が藩内をめぐり、名所や風俗、食文化などをスケッチして約4年の歳月をかけて百枚の絵を描き、詳細な解説を加えてまとめたものです。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

津和野百景図一挙紹介

作者 栗本里治

栗本里治イメージ

弘化2(1845)年生。津和野藩政時代は殿様の側のお仕え役で茶室の管理などもする「御数寄屋番」という役職についていました。「津和野百景図」は、その時の記憶や外出時に描いたスケッチがモチーフとなったといわれています。若い頃に狩野派の絵を学び、百景図以外にも「津和野城下町全景図」など多くの絵を残しています。

百景図を読み解く

津和野の「四季」〜4つの手がかり〜

パネルイメージ
PDFファイル(2.9MB)

津和野の「自然」〜5つの手がかり〜

パネルイメージ
PDFファイル(2.1MB)

津和野の「歴史文化」〜5つの手がかり〜

パネルイメージ
PDFファイル(2.6MB)

津和野の「食文化」〜4つの手がかり〜

パネルイメージ
PDFファイル(2.4MB)

体験できる百景図(年間行事)

1月
1日 元旦祭(太皷谷稲成神社)
2月
初午 初午祭(太皷谷稲成神社)
3月
下旬 桜の見ごろ(鷲原八幡宮)
4月
第2日曜 流鏑馬神事(鷲原八幡宮)
26日 津和野神社例祭(津和野神社)
5月
5日 青野山登山会(笹山地区)
連休中 麓郷つつじまつり(麓郷地区)
15日 太皷谷稲成神社春季大祭
(太皷谷稲成神社)
6月
1日 高津川鮎漁解禁
中旬 花菖蒲の見ごろ(殿町)
30日 輪くぐり神事(弥栄神社)
週末 蛍バス運行(部栄地区)
7月
20・27日 弥栄神社 鷺舞神事 
(津和野地区)
8月
10日 柳まいり(新丁)
15日 盆踊り(殿町)
10月
17日 鳴滝神社例祭(鳴滝神社)
中旬 青原奴道中(青原地区)
11月
初旬 紅葉の見ごろ(津和野城跡・永明寺ほか)
8日 日原奴道中(日原地区)
15日 秋季大祭(太皷谷稲成神社)
23日 津和野奴行列(津和野地区)
23日 松林山天満宮大祭(津和野地区内)
23日 新嘗祭(太皷谷稲成神社)
12月
大晦日 除夜の鐘つき(永明寺)