1. HOME
  2. 百景図よもやまばなし
  3. 第83図 ごんどうじの蕨(わらび)で一杯

百景図よもやまばなし

第83図 ごんどうじの蕨(わらび)で一杯

83青野山のふもと

笹山と柿木の境に

ごんどうじという

所があったということだ。

センターを訪れた

地域の方に「昔、ごんどう寺と

いう寺があったそうな。そこでごんどじという地名になったんじゃよ」という人がおられた。

蕨は今も昔も貴重な食料源である。道の駅などに行けば漬けたものなどが一年中売られている。

春には津和野の山里には結構あちこち生えており、散歩やドライブのついでに持って帰ることがよくある。

小学校では、春の遠足の土産によくこれを持って帰って喜ばれたものだ。

子どもの時には、さして旨いとも思わなかったが、歳を取った今こんな味がなんとも舌に嬉しい。

酒のつまみにももってこいだ。蕨にワサビをつけて食べるとこれが又一段と旨くなる。酒もはずむ。

来春は「ごんどうじ」に出かけてみたい。