1. HOME
  2. 百景図よもやまばなし
  3. 第17図 鷺舞い

百景図よもやまばなし

第17図 鷺舞い

17鷺舞を津和野に取り入れたのは11代吉見正頼である。

ではなぜ取り入れたのか。

私なりの妄想を述べてみる。妄想だから

根拠はない。

正頼は兄が急逝したため家督を継ぐことになった。

その時、嫁さんは元兄嫁だった大宮姫。

大内氏第31代当主義隆の姉である。兄弟の嫁さんを娶るということは、

昔はよくある話である。ところが姫は病気がちで元気がない。

また夫を亡くしたこともあり、その悲しみから抜け切れない。

そうした大宮姫の心を慰めるため

姫が子供の頃山口で見た、あの鷺舞を見せたらどうかと思いついた。

疫病退散の力がある。それに鷺舞はもともと七夕伝説から来ているという。

一年に一回、カササギが羽を重ねて天の川に橋を架け、

牽牛と織女を出会わすという話だ。

一年に一回ぐらい兄に逢わせてやりたい。

そんな正頼の優しい心がこの鷺舞を津和野に生んだ。

「さーぎが橋をわたいたー」という歌詞を聞くたびにそんな妄想が

沸き起こる。

 ※こぼれ話

  格斎さんの描く鷺。その羽の数を数えてみれば、なんと32枚。現在の39枚と違うのである。

  記憶なのでそんなこともあるだろうと思っていたら、なんとなんと現在の39枚になったのは

  昭和41年からのことだった。それまでは32あるいは33枚だったとのこと。

  格斎さんの描いた鷺舞の羽の数はぴったり合っていたのだ。

  恐るべし格斎。失礼いたしました。

  ちなみに羽は7×2・7×2・3×2・5の合計で7・5・3を基本にしている。