1. HOME
  2. センター日記
  3. 【秘境を撮る】『津和野百景図』の世界へ。幾久編

センター日記

【秘境を撮る】『津和野百景図』の世界へ。幾久編

dsc_4832%e8%a3%9c%e6%ad%a3
「思わずシャッターを切りたくなる」
津和野百景図の風景を通して、
そんな津和野の知られざる名所を紹介する
【秘境を撮る】シリーズ第4弾。
今回は
「幾久(いくさ)」という場所を目指します。

「幾久(いくひさ)しく…」という
美しい大和言葉を連想させる漢字ですね。

dsc_4847%e8%a3%9c%e6%ad%a3
幾久へは、
前回紹介した鷲原・喜時雨を通って一本道。
(前回までの記事:鷲原編はこちら
        喜時雨編はこちら
道中、さっそく百景図に似た風景に出会います。

49%ef%bc%8d%e5%96%9c%e6%99%82%e9%9b%a8%e7%93%a6%e9%87%9c%e8%84%87%e4%bb%ae%e6%a9%8b
第四十九図「喜時雨瓦釜脇仮橋」
絵の奥に描かれた杉の森が、
お殿様が鴨狩りをする御猟場があるところ。
朝なのか、家が隠れるほど霧がかっていますね。

dsc_4478%e8%a3%9c%e6%ad%a3
現在も秋から冬にかけて、朝霧がたち込めます。
このあたりは
山を合間を縫うような大曲がりが多く、
霧がゆっくりと進行方向を探しながら、
迫ってくる様子が見られます。

80
ちなみに百景図には
このような霧がかった絵がいくつか見られます。
昔も今も、
霧の多い土地柄は変わらないようですね。

51-%e5%b9%be%e4%b9%85%e9%b4%a8%e5%be%a1%e7%8c%9f%e5%a0%b4
第五十一図「幾久鴨御猟場」
49図の杉の森の中にあった鴨の猟場。
お殿様が狩りに出る頃には、
「御猟方」と呼ばれる家臣2名が
ここへ来て鴨を飼い整え、
猟期に備えていました。
粗相があってはならないと、
鴨の管理に奮闘している家臣の姿を
想像してしまいますね。

52-%e8%97%a9%e4%be%af%e5%b9%be%e4%b9%85%e9%b4%a8%e5%be%a1%e7%8c%9f%e7%95%a5%e4%be%9b
第五十二図「藩候幾久鴨御猟略供」
いよいよ御猟場に向かうお殿様の行列。
早朝4時ごろの出立だったので、
高く提灯を掲げる姿が描かれています。

53-%e5%b9%be%e4%b9%85%e3%81%ae%e5%b3%a0
第五十三図「幾久の峠」
49図と同じく、
杉の森が描かれているのが御猟場。
山の麓はお殿様が御猟場に向かう道のため
通行を禁止され、庶民はわざわざ
峠を登って降りなければなりませんでした。
絵に描かれた二人の旅人は
「やれ疲れた」という様子で、
青野山と城を眺めながら一服しています。

53-%e5%b9%be%e4%b9%85%e3%81%ae%e5%b3%a0%e8%a3%9c%e6%ad%a3
53図の現在地がこのあたり。
遠くに見える丸い山が青野山。
絵と変わらぬ姿で見ることができますね。
写真左手が山になってますので、
そのあたりの峠を
庶民は歩いていたのでしょうか。

dsc_4849%e8%a3%9c%e6%ad%a3
このカーブを曲がりきったところに、
バス停があります。

dsc_4845%e8%a3%9c%e6%ad%a3
バス停の名前をよく見ると、
「戦」となっています。
昔「幾久いくさ」は「戦いくさ」と書き、
ここは戦場になった場所でもあるのです。

時は戦国時代の1554年、
陶隆房(すえたかふさ)は
益田藤兼(ますだふじかね)と共に
津和野城を包囲、
4月17日に始まった合戦は104日間も続き、
12回に及ぶ激戦が繰り広げられました。
津和野城下で起こった唯一にして
最大の戦でした。

ちなみに、敵方の陶軍が陣を敷いた山は、
陶ヶ嶽(すえがたけ)と呼ばれ、
百景図にも描かれています。

59-%e9%99%b6%e3%83%b6%e5%b6%bd
第五十九図「陶ヶ嶽」
津和野から見るとこの山は、
いつも正面が日陰になっているので、
絵でものっぺりとした
陰影のない色合いで描かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在の陶ヶ嶽。
こんな高いところにいる敵陣と睨み合いながら、
津和野武士は104日間も耐え抜いたのですね!
「戦」という地名が残るほど、
大きな出来事だったのだろうと想像できます。

何気ない地名の背景にも、
さまざまな歴史や由来が含まれていて
それらを知ってから見る景色はまた一味違います。

↓百景図を巡ったあとは↓
「現代の津和野百景図写真コンテスト」
応募しましょう!

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3

「津和野百景図」に描かれた景色は
およそ150年前。
ぜひ、あなたの写真で
現代の百景図をつくりましょう。

↓百景図の景色を巡る前に↓

20161014152859-0001

  • 無料アプリ『津和野百景図』をダウンロード

スマートフォンをお持ちの方は、
このアプリを使うと百景図探しに便利です。
津和野百景図アプリ登録方法

img_1112%e7%b8%ae%e5%b0%8f

  • 津和野町日本遺産センターで「津和野百景図」について説明を聞く(無料)

「アプリとかよくわからんし、苦手・・・」
というかたも、ご安心ください。
コンシェルジュが百景図を通じ、
津和野の歴史文化を、丁寧にご案内いたします。
百景図をめぐる地図もご用意しています。
あなたのお気に入りの百景図を
見つけてくださいね♪