1. HOME
  2. センター日記
  3. 地域の素材で門松づくり|津和野町日本遺産センター

センター日記

地域の素材で門松づくり|津和野町日本遺産センター

img_1649%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89みなさん、こんにちは。
12月25日ということで、
クリスマスムード一色の街も多いことでしょう。
津和野では一足早く正月飾りの支度がはじまっています。

津和野町日本遺産センターにも、
地元の方が「門松」を作りに来てくれました。

img_1629%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89「これから用意しますから」と告げて、
トラック2台いっぱいに積んだ
竹・松・縄などの素材が到着。

なんとこの場で、門松を作ってくれるようです!

img_1634%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89
img_1630%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89直径15cmはあろうかという立派な竹。
津和野町日原地区で採れたものだそうです。

「良い太さの竹を探すのが大変なんだよー」と

お父さんが教えてくれました。
その場で長さを調整しながら切っていきます。

img_1656%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89長さや太さが決まったら、
重しに土を詰めていきます。

「土を入れるときはね、
赤ちゃん扱うように優しくいれるんよー」

と、また別のお父さんが
笑いながら教えてくれました。

img_1657%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89土を入れたら、水を注ぎます。
この輪切りの竹筒を花瓶代わりにして、
松などの植物を活けていきます。

img_1641%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89

img_1654%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89

色彩や形、バランス良く飾り付けるのですが、
さすが皆さん慣れた手つきで、
迷うことなく活けていきます。
装飾につかう植物も、津和野で採れたもの。

img_1663%e7%b8%ae%e5%b0%8f20分ほどで、
あっという間に門松が完成しました。
庭や近所の山でよく見かける植物で、
こんなにも立派な正月飾りができました。

img_1661%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%ef%bc%89門松で華やかに彩られた、
津和野町日本遺産センター。
お正月も休まず開館します。
2017年元旦より、
2階展示室もグランドオープンします。

初詣のあとに、お正月帰省の途中に、
ぜひお立ち寄りくださいね♪

《年末年始の開館予定》
12月30日・31日・・・休館させて頂きます。
1月1日元旦から・・・通常どおり開館しております。

《1月の定休日》
1月10日(火)
 16日(月)
 23日(月)
 30日(月)